世界の旅客機図鑑

コックピット

コックピット cockpit

飛行機が好きな人間として、やはり憧れるのはコックピット。例のSep.11以降、航空機全般に対する警戒が強くなって、一般人がそこに入れる機会は少なくなってしまいましたが、それでも時として、中を覗ける機会もあります。 (台湾・台北桃園空港でエバー航空A330のコックピットを洗う作業員さん。)

 

 

TAM航空(ブラジル)Airbus A320のコックピット。キャプテンのご厚意で撮影させていただきました。例の同時多発テロ以降、なかなかこういう機会に恵まれないのですが、さすが南米、笑顔で受け入れてくれました。
TAM Linhas Aereas(JJ/TAM).Brazil.AirbusA320-214(PT-MHE). cockpit

上と同機の同じくTAM航空 Airbus A320のコックピット。機器イルミネーションミネション(つまみ類の照明)をつけたところ。「どうせなら、こっちのほうがきれいだよ」とキャプテンがつけてくれました。ドキドキしすぎて、少々ブレてしまいました。残念至極ですが、感謝感激です。(ブラジル・サンパウロ・グアルーリョス空港.2011)

下はこのA320の機体正面。Airbus A320-214(PR-MHE)です。サンルイス空港が完全工事中で、ボーディングブリッジも連絡バスもなく、みんなで、"なんとなく徒歩移動"で搭乗しました。同時に多数の便が出るのにたいした案内役もなく、それでも乗り間違えがないのは奇跡の部類だと感じました。そもそも機体の手前でこうしてのんびり写真を撮っていられること自体、日本では考えられません。こうした大らかさはやはり南米ならではですね。以前は北米でもこんな感じでしたが、最近の先進国の空港はどこも”ピリピリ”感に溢れている気がしてなりません。(ブラジル・サンスイス空港にて)

パイパーエアクラフトのパイパーPA-32チェロキーシックスのコックピット。この機体はそのライセンス生産(?)のエンブラエムEMB-720C Minuano(PT-ETV)です。バヘリーニャス空港にて

下が機体側面。簡単、軽量な構造です。搭乗した後に撮らせていただきました。

セスナ270のコックピットと、機体です。簡単軽量な機体、シンプルなレシプロエンジンという軽飛行機の見本みたいな機体です。 短距離での離陸、旋回性能の高さもなかなかでした。同型機の最新型は、電子機器を多用したグラスコックピットになっているみたいですが、自分的には基本に忠実なメカニカルなこのコックピットも好きです。最近の小型機には、航法支援としてカーナビのようなGPSをつけている方も多いのですが、
操縦桿の上に両面テープでつけなくても・・・と思ってしまいました。
ペルーのラス・ドゥナス空港(ICA)にて。

 

このサイトについて | サイトマップ | 著作権について | 連絡先 | ©2010 BUNBUN Media Factory Inc.